そうそう、先だっての北陸展の際に会場だった瑞龍寺です。

金沢からもう少し東、富山県の高岡にある国宝のお寺ですね。

整った伽藍も整然として素晴らしいのですが、とびきりのお天気に恵まれたことも印象に残りました。

道々、遠くに見えた立山連山は、富山に来た実感とともに瑞龍寺の伽藍の力強さにつながってきます。

きっと昔は、沢山の僧がここで修行に励んでおられたんだろうな、と想像しながら拝見しました。

知る人ぞ知る烏枢沙摩明王はトイレの神さまと言われてますが、こちらの明王さまは思ったより大きくて、思ったよりオトコマエです。

が、すごく怒ってます。

下にいる亥子神を諫める姿ですが、亥子神が縛られ縮こまってかわいいやら、チョットかわいそうな気も。

一体何があったんでしょうね。


どういうわけか、私の手元に来られた身丈2寸程の観音さまです。

いわゆる金銅仏の類いでしょうか。

日本での、金銅仏の歴史は飛鳥時代あたりまで遡ることができます。

この観音さまはもちろんそんな古いものではないし、良し悪しを論ずる程のものではないのは明らかなのですが。

手から手へ託されて、今ここにあることの不思議というのでしょうか。

金銅仏好きでもあることに加えて、手の中にすっぽりと収まる小さい仏様になんとなく親しみを覚え、手元に置くことにしました。

なーんか、可愛いなー。
手の中でにぎにぎしてるあいだに情がわく?とでもいいますか。

木の仏さまだと素手で持ったら汚れるし、
にぎにぎなんて出来ないので、スキンシップゆえに親しくなってしまったのでしょうか。

プライベートな空間に仲良くなった仏さまがおられるというのも良いものですね。


春日疑会主催です。

北陸支部にあたりますが、名前を新たに前進しておられます。

昨年の春からから1年半、今年は秋ということで、今年は富山県高岡の駅から近く国宝にも指定された瑞龍寺にて開催となっています。

訪れた日は北陸には珍しい秋晴れで、お寺で寒いんではなかろうか、との期待?を、見事に裏切る暖かい日になりました。

お寺ならではの落ち着いた大茶に仏像や仏画が展示されて、ゆったりと拝見できたのもよかったですね。

お寺の拝観の方々もお立ち寄りくださり賑わっているようで、たくさんの方に仏像の魅力をお伝えできる良い機会となりました。


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

ブログ記事でご紹介した各地の位置を地図から総覧いただけます。ぜひ旅先でお立ち寄りください↓

これまでの記事をまとめてご紹介
『かゆう雑記帳』↓

Selected Entry

Archive

Comment

Link

ブログ記事をお読みになられた後に両バナーをクリックしていただければ励みになります↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

Search