葉室山浄住寺に、やっとご本尊の釈迦牟尼やお地蔵さま、出山のお釈迦さまがお戻りになりました。

立派なお厨子も綺麗に直され、作られた当時の姿を取り戻しています。

お話しを伺うと(江戸木瓜厨子 えどもっこうずし)との事で、とても手の込んだつくりです。

仏さまも当時の姿を取り戻すべく、仏所にて精いっぱいお直しと、漆や金箔押し、そして当時のお姿を再現するべく、截金で仕上げました。

要はまっさらな状態になられたのですね。

あまりの様変わりに、江戸初期に作られた古くゆかしい雰囲気にどうかなと、少し心配もありました。

が、なんの!

少しの違和感もなく、すんなりお戻りになりました。

輝く姿とまわりのしつらえは、妙にしっくりと収まりが良く、お寺に主人(あるじ)がお戻りになった安定感とでほっとしました。

帰りに見たお茶の花が何とも可愛らしく見送ってくれました。

紅葉も素晴らしいのですが、うつむき加減に咲く白い花は、ほっとした私の気持ちを映しているかのようでした。


展覧会のバタバタと後片付けやなんやかんやがひと段落したところで、手付かずのお仕事などを含め引き続きのお仕事と向き合っております。

巷では紅葉の見ごろのハナシも聞かれますね。
そういえば春の花見は出かけるもののモミジ狩りはあまり行かへんなーと思いつつ図面など描いたりしております。

当たり前ですが、図面はカタチが生まれるまでの最初の出発点にあたります。

2次元であれ3次元であれ、紙と鉛筆から始まる完成までの一連の流れの最初の一歩。

そうそう。
図面など、私たちはセンチではなく昔ながらの寸(すん)の単位を使っています。

一寸=3.03くらいですかね。
一尺は十寸ですね、

お身丈(みたけ)一尺というと、額の生え際から足の裏までをさします。

座の一尺ならば、座ってる仏さまが立たれた時に生え際が二尺の大きさを指すわけですね。

未だに尺という単位を使っているのは時代遅れでも何でもなくて、単に使いやすいからなんです。






どうやら、出来たみたいです。

人ごとのようですね。

白毫に、水晶の小さなのを入れようとしましたが、小さすぎてガラスのものしかなかったので、小さなダイヤモンドにしました。

額のいいところに慎重に穴をあけます。

木目を傷めないように、最初にキリを立てます。

おでこにキリとか、結構痛々しくて抵抗がありますがしかたありません。

小さい丸刀などで徐々にあなを大きくして、ピッタリのサイズにします。

何度も入れたり出したりしながらやるので、ダイヤもどこか無くしそうになりながら、やっとこさです。

おー!

小さいのに光輝くダイヤってすごい!

小さいお顔にピッタリです。

てことは、完成なのでしょうか。

全体を見回している内に、私の手から離れて行った事を感じます。

11月の仏教美術展に出す事にしました。

DMにも使った聖観音さまは、実は昨年に木地で出品したのですが光背が間に合わなかったのです。

今回に光背と全てに彩色や截金を真やさんにしてもらってガラリと一新したお姿になり嬉しくなり、やはり出品することにしたのでした。

仏画では、飛天の予定です。

そしてこの小さな観音さまは、ハスを持つ手が特徴的であったので拈華(ねんげ)観音としました。

仏所のY氏が、名前を考えてくれました。

ありがとうございます。

拈華とは、お釈迦さまのお話の拈華微笑(拈華微笑)からきています。








Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

ブログ記事でご紹介した各地の位置を地図から総覧いただけます。ぜひ旅先でお立ち寄りください↓

これまでの記事をまとめてご紹介
『かゆう雑記帳』↓

Selected Entry

Archive

Comment

Link

ブログ記事をお読みになられた後に両バナーをクリックしていただければ励みになります↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

Search