阿弥陀さま、布団の中で寝てる?いやいや、ただ今螺髪(らほつ)を彫ってるとこです。

やっとカラダと足を削り終えて、また頭部に戻ってきました。

削り終えたところは、また布でぐるぐる巻きにしています。

螺髪は額から肉髻(にっけい)までを5段にするか6段にするかを散々考えて、やっぱり6段かなとの結論です。

まずは表面をキレイにしたらいよいよ段に分けていきます。

顔のまわりから先に始めます。

左右の数と大きさも同じになるよう数も数えてね。

ひたすらコツコツと、全部やり終えたらお顔の仕上げです。


けっこう進んだかな。

どうしようかな?とツメてないところもまだまだありますが何となくカタチになってきたところでしょうか。

すらっとした立ち姿が魅力的ですが、奥行きのないぺったんこのカラダなんです。

腰を前に突き出した姿勢もかわいい感じがして好きですね。

独特のアルカイックスマイルはこの時代ならではで、口角を上げて微笑むお顔もいいなぁと楽しんでいます。

宝珠を両手で挟むように持つ様子も救世観音ならではですね。

これから仕上げに向かって細かく決めていくところです。


榧の木で小品のシリーズです。

前回の観音さまに続いて今度も飛鳥風?の救世観音の木取りですが、機械を使えるのもここまでです。

救世観音というと法隆寺の夢殿の秘仏であったものですが、現在では御開帳の機会に拝する事が出来るようになりました。

渡来系の顔立ちと、特徴のあるひれのような衣のカタチはとても魅力的ですね。

ホンモノは聖徳太子と等身と言われるように、すらっとした長身の仏さまですが、これからつくるのは身長でいえば八寸ほどのかわいいサイズ。

いろんなところを省略したりして、イメージをいただこうと思ってます。

果たして上手くいくのでしょうか?

スケッチの段階ではいいカンジなんだけどなぁ。


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

ブログ記事でご紹介した各地の位置を地図から総覧いただけます。ぜひ旅先でお立ち寄りください↓

これまでの記事をまとめてご紹介
『かゆう雑記帳』↓

Selected Entry

Archive

Comment

Link

ブログ記事をお読みになられた後に両バナーをクリックしていただければ励みになります↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

Search