お薬師さまと結縁(けちえん)を結ぶ機会をいただきました。

仕事柄、こういう機会を今までもいただいてきましたが、改めて言葉の意味を調べてみると、

今すぐ仏道に入って悟りを開くことができなくても、いつか仏道に入るために仏教と縁を結ぶこと、とありました。

この「いつか」というのがいいですね。

ゆるくて。

今すぐ修行とかなると、それなりに覚悟が要りますもんね。

スタートラインに立ったけど、スタートするのはいつでもいいよと。

仏さまのお手に結ばれた五色の長い紐の先は、お薬師さまの持つのと同じ薬壺に結ばれていて、両手に持ってご真言を唱えるのですね。

お納めしたお薬師さまと改めて結縁を結ぶことに不思議な感じがしました。

こちらは倉敷市真備町にある森泉寺、不思議な亀乗薬師如来の伝説と、この地にお出でになったお話などもっと聞かせていただきたいですね。


 
久しぶりに比叡のお山に上がりました。

少しは涼しいのではとの期待は強烈な日差しに裏切られたものの、木陰の心地良さは下界には無いものでしたよ。

相当前に険しい山道を降りて訪れたのはここだったような?との記憶ですが、お堂が新しくなって覚えているのと全然違うー⁇との感想です。

ここへ来るのに、今では車で入れる道もついています。

丁寧にご案内いただきました。

祖父、朋琳の時代におつくりした日蓮上人のお像は、上人のご修行の地であるだけに若々しいお姿です。

珍しい三十神のお像も、祖父らしい像容で30もの神様にそれぞれ性格づけをし工夫しながら彫っている姿が目にうかびます。

見覚えのある祖父の彫りに懐かしいさいっぱいでした。

この辺りは珍しい山野草もたくさん自生しているとの事。

そういえば昔訪れた際、急峻な山際に綺麗な笹百合が咲いていた事が、記憶に焼き付いています。

やっぱり此処だったんだよね、と妙になっとくしたのでした。


6月の終わりに毎年催される例祭があります。

世界自然遺産、知床の自然に抱かれてこのかわいいログハウスの毘沙門堂があります。

このお堂がこの知床 知布泊村(ちっぷとまりむら)に建立されてのち知床 太子堂、知床 観音堂と次々にかわいいお堂が建立され知床三堂と言われます。

この例祭には、実に様々な方々が来られています。

宗派や思想を超えた不思議な集まりとでもいうのでしょうか。

今年25周年を迎えたこの例祭には斜里町の西念寺さまのご縁があって以降、仏所として毎年ではありませんが5回ほど参加させていただいてます。

真やさんと私は今回で3度目になりました。

お天気に恵まれ、道内外から沢山の方々が参拝に訪れるなかで、宗次郎さんのオカリナの奉納を聞かせていただきました。

ざわざわと木立を揺らす風の音とオカリナの澄んだ調べは、心地よく感性をを揺さぶってくれました。

ほんとうに素晴らしかった。

当たり前のように有る自然の中に身を委ねることの気持ちよさを堪能した時間でした。


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

ブログ記事でご紹介した各地の位置を地図から総覧いただけます。ぜひ旅先でお立ち寄りください↓

これまでの記事をまとめてご紹介
『かゆう雑記帳』↓

Selected Entry

Archive

Comment

Link

ブログ記事をお読みになられた後に両バナーをクリックしていただければ励みになります↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

Search