ほうじゅと読みます。

そのまま宝の珠ですが、五重の塔などの上にあったりします。

お地蔵さまが左手に持ってられたり、如意輪観音や吉祥天などもお持ちの持物のひとつですね。

さて、これは何なのでしょう?

何でもお願いを叶えてくれたり欲しいものを出してくれたりと有り難い宝珠ですが
丸い球状で上部がツンと尖っています。

金色だったり赤青緑と色が入っていたり。

燃えるように炎が上がってたり光を放っていたり不思議な珠です。

表現は色々ですが、本当はどんななんでしょうか。

大抵の仏さまの持ちものは実体としておおかた存在するものばかりの中で、宝珠は本当の存在をまだ確認した事がありせん。

宝の中の宝であるように、神秘的な存在であるように色々な表現がなされています。

お寺などで探すのも面白いですよ。

ちなみに橋の欄干などに付いてるぎぼし(擬宝珠)は宝珠ではありませんので。




Related Entry
Comment





   

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

ブログ記事でご紹介した各地の位置を地図から総覧いただけます。ぜひ旅先でお立ち寄りください↓

これまでの記事をまとめてご紹介
『かゆう雑記帳』↓

Selected Entry

Archive

Comment

Link

ブログ記事をお読みになられた後に両バナーをクリックしていただければ励みになります↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

Search