截金のお仕事です。

完成間近の仏さまの腹部のあたりですが、実は仏所でお修理のためお預かりしているのです。

なので、内部はけっこう古い仏さまなんですよ。

まだ手を付けてない袖口の手首に、材の古さを偲ばせています。

かつての快慶の阿弥陀さまのような仕上がりを想定して金粉で仕上げた上に截金を施すという趣を凝らした技法です。

いつもの截金に比べてやりにくさも倍増との事。

私がやるわけでもないですが想像に難くないのは理解できます。

それを乗り越えて出来上がった美しさに驚くと同時に先人の荘厳することのレベルの高さに心を動かされますね。

こうやって古かった仏さまも新たなパワー得て働いてくださるのですよ。

Related Entry
Comment





   

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

ブログ記事でご紹介した各地の位置を地図から総覧いただけます。ぜひ旅先でお立ち寄りください↓

これまでの記事をまとめてご紹介
『かゆう雑記帳』↓

Selected Entry

Archive

Comment

Link

ブログ記事をお読みになられた後に両バナーをクリックしていただければ励みになります↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

Search