両手をつくります。

全体的にカタチが詰まってきて袖口もいい具合になってきたので、そろそろかな。

阿弥陀さまなので一指をまるめて親指を添える手ですが、この場合はいわゆる人差し指を曲げる上品(じょうぽん)のカタチをとります。

如来の手には縵網相(まんもうそう)といって水掻きが有るとされるのでモチロン水掻きのような膜もつけます。

小さな手ですが右と左をバランスよく揃えながら身体に合うようつくっていきます。

手は美しいところでもあるので、出来ていくのが楽しいんですよ。

手首から手の甲、指先へのアプローチや指の動かし方など、小さくても工夫するところはいっぱいあります。

思い描くカタチになるよう彫刻刀を動かしていると時間を忘れてしまいます。




Related Entry
Comment





   

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

ブログ記事でご紹介した各地の位置を地図から総覧いただけます。ぜひ旅先でお立ち寄りください↓

これまでの記事をまとめてご紹介
『かゆう雑記帳』↓

Selected Entry

Archive

Comment

Link

ブログ記事をお読みになられた後に両バナーをクリックしていただければ励みになります↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

Search