蓮台の事を指すのですね。

阿弥陀さまの両脇に観音菩薩と勢至菩薩がついておられます。

来迎の阿弥陀さま、いわゆる死者を迎えに来てくださるシチュエーションというか。

この場合の観音菩薩は、両手に蓮を持っているのですね。

この蓮のうてなに死者のタマシイを乗せて浄土へと連れて行ってくれるらしいです。

仏画では、阿弥陀さまは二十五菩薩と共に
雲に乗って来られる様を描いたのがよく見かけます。

それぞれに楽器を持ってたり、踊っていたりして楽しそうな菩薩さまたちに囲まれています。

阿弥陀さまの側には必ず蓮を持って観音さまが従ってられますね。
皆で迎えに来てくれた場面です。

じつは連れてお帰りになる絵もあります。

「戻り来迎図」
蓮のうてなにちょこんと座ってるのをちゃんと描いてあって、少しナナメ後方から見た図などがあります。

ぼやっと見てるとなかなか気付かずじまいになるので、美術館などでもし見かけたらよく探してみてください。

ちなみに「見返りの弥陀」というのは、蓮のうてなに乗った死者が落っこちたりしてないか、気遣って振り返ってご覧になっている姿と聞いた事があります。

うーん、落っこちるんだー!

Related Entry
Comment
おはようございます。
阿弥陀様は出来上がって脇侍の仏様を彫ってらっしゃるのですね。蓮台の大きさはどれくらいですか?小さいと大変そう!
うわ〜私蓮から落ちるケースだ〜と咄嗟に思ってしまいました。まてよ−そもそも乗せていただけるのだろうか…。どんどん脱線していきます。
三千院の勢至菩薩様が好きなのでいつか彫れたらいいなと思っているのですが…。かがんだお姿ってバランスが難しいのでしょうね。
  • ぴろんこ
  • 2019/02/21 09:31
あの阿弥陀さまはまだなんです。
こちらはまた別の観音菩薩で身丈7寸ほどの小ささです。

阿弥陀さまの制作途中で、急ぎ仕上げなくてはならなくなって、やっと終わったとこでした。
ふわっと雲の上に乗った?瞬間の動的な姿とされてますので、天衣がなびいてる様子や膝を曲げてたりしてる感じなど難しいけど面白いですよ。
ぜひチャレンジしてください!

また阿弥陀さまの続き、これから仕上げに向かっていきますね。
  • かゆう
  • 2019/02/21 22:21





   

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

ブログ記事でご紹介した各地の位置を地図から総覧いただけます。ぜひ旅先でお立ち寄りください↓

これまでの記事をまとめてご紹介
『かゆう雑記帳』↓

Selected Entry

Archive

Comment

Link

ブログ記事をお読みになられた後に両バナーをクリックしていただければ励みになります↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

Search