阿弥陀さまの彫刻が終わってからの展開です。

本体を完成させてからひと月が過ぎました。

真やさんの手に移ってからは衣などの衣装に截金で荘厳するのですが、まだ截金の真っ最中です。

えー!まだやってるのー?との感想もおありでしょうが、ホントに時間のかかる仕事なんです。

金箔を細く切って、特殊なノリで貼るというと単純に聞こえますが、髪の毛程に細く切る、それも全て同じ細さに切り揃える。

筆で金箔をひろって、別筆でノリをつけながら貼るだけでも大変です。

さらに貼りながら文様を描いていく、しかも下描きなどはありません。

目の前にある仏さまの大きさに合わせ、最適の線の細さ、文様の大きさなどをその場で決めて施す。

長年の経験があってこその技に他なりません。

私もやった事がありますが、ほんっと肩の凝る大変なお仕事なんです。

永遠に変わらぬ黄金の輝きでもって繊細な美しい文様を荘厳するという仏さまならではの最高の技が截金なのです。

Related Entry
Comment





   

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

ブログ記事でご紹介した各地の位置を地図から総覧いただけます。ぜひ旅先でお立ち寄りください↓

これまでの記事をまとめてご紹介
『かゆう雑記帳』↓

Selected Entry

Archive

Comment

Link

ブログ記事をお読みになられた後に両バナーをクリックしていただければ励みになります↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

Search