長らく続いた梅雨も明けたようです。

はぁ、とうとう蒸し暑ーい夏が来てしまいました。

あちこちで見かけたヒオウギは祇園祭りを彩る花材ですが、独特の涼やかな姿はこの時期ならではですね。

並んだ葉の先に橙色の小さい花がついてますが、どちらかといえばたくさんの緑葉の並びの美しい植物なんですね。

ヒオウギは檜扇の姿からつけられた名前だそうですが、確かに上手いこと付けたものです。

檜扇が、かつて悪霊退散に用いられたことから厄除けの意味もあるそう。

祇園祭は終わってしまいましたが、暑い中でも花持ちのよいヒオウギは引き続いて、厄除けの任を解かれることなくがんばってくれています。




Related Entry

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

ブログ記事でご紹介した各地の位置を地図から総覧いただけます。ぜひ旅先でお立ち寄りください↓

これまでの記事をまとめてご紹介
『かゆう雑記帳』↓

Selected Entry

Archive

Comment

Link

ブログ記事をお読みになられた後に両バナーをクリックしていただければ励みになります↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

Search