お薬師さまと結縁(けちえん)を結ぶ機会をいただきました。

仕事柄、こういう機会を今までもいただいてきましたが、改めて言葉の意味を調べてみると、

今すぐ仏道に入って悟りを開くことができなくても、いつか仏道に入るために仏教と縁を結ぶこと、とありました。

この「いつか」というのがいいですね。

ゆるくて。

今すぐ修行とかなると、それなりに覚悟が要りますもんね。

スタートラインに立ったけど、スタートするのはいつでもいいよと。

仏さまのお手に結ばれた五色の長い紐の先は、お薬師さまの持つのと同じ薬壺に結ばれていて、両手に持ってご真言を唱えるのですね。

お納めしたお薬師さまと改めて結縁を結ぶことに不思議な感じがしました。

こちらは倉敷市真備町にある森泉寺、不思議な亀乗薬師如来の伝説と、この地にお出でになったお話などもっと聞かせていただきたいですね。



Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログ記事でご紹介した各地の位置を地図から総覧いただけます。ぜひ旅先でお立ち寄りください↓

これまでの記事をまとめてご紹介
『かゆう雑記帳』↓

Selected Entry

Archive

Comment

Link

ブログ記事をお読みになられた後に両バナーをクリックしていただければ励みになります↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

Search