まだ紅葉にはちと早い神護寺ですが、弘法大師さまにお会いしてきました。

大師堂の特別公開最終日にご縁をいただいてお参りが叶いました。

貞観時代の薬師さまがとても有名で、弘法大師ゆかりのお寺の一つとしても名高い神護寺ですが、こちらのお大師さまはつくりが少し変わっています。

板彫り、いわゆるレリーフなんですよ。

それもめちゃ分厚い板!
聞き間違いでなければ30センチはあるという分厚い板、すごっ!

等身はあろうかという大きさに彫られていて、鼻先から耳までの奥行きは普通の彫刻とは変わらない程で、彫りの深さにビックリでした。

迫力ある体軀に、なんとも言えない柔和なお顔だちです。

安置されているこの大師堂も、弘法大師空海が居住していた際の住まいを由緒とする、とありました。

落ち着いたたずまいのお堂の中では、お大師さまといつまでも対座していたい気持ちになりました。


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

ブログ記事でご紹介した各地の位置を地図から総覧いただけます。ぜひ旅先でお立ち寄りください↓

これまでの記事をまとめてご紹介
『かゆう雑記帳』↓

Selected Entry

Archive

Comment

Link

ブログ記事をお読みになられた後に両バナーをクリックしていただければ励みになります↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

Search