昨年完成しました。


密教において、金剛界大日如来と並んで中心をなす仏さまです。


あたりまえに難しいです。


厳しく気高い存在でありながら、母の胎内を連想させる胎蔵界という言葉の響きに慈愛を感じ、現すことができればと思いました。


木曽ひのきの木地に截金彩色を真やが施しています。


いつもながら、過不足のない優しい仕上がりです。

Related Entry
Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログ記事でご紹介した各地の位置を地図から総覧いただけます。ぜひ旅先でお立ち寄りください↓

これまでの記事をまとめてご紹介
『かゆう雑記帳』↓

Selected Entry

Archive

Comment

Link

ブログ記事をお読みになられた後に両バナーをクリックしていただければ励みになります↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

Search