製材されたもの


どんな木を使いますか?

仏所に見学に来られたかたのほとんどがこの質問をされます。

では、仏像にとって材料となる木は
何を重要とされるのでしょうか?

まずはよく使う檜から。


それも木曽檜。

そう言われて、おおスゴイと思われるのは建築関係の方くらいですかね。

檜はもちろん木曽以外の土地 ( 九州、四国、本州は福島県あたりまで ) で広く分布していますが、
木曽檜は、檜の中の檜なんです。
ブランドですね。

自然の厳しい木曽で育まれた檜は、香りの良さはもちろんのこと
そのキメの細かさと色合いの美しさ
狂いの少なさを特徴とし、また彫刻に適した柔らかさがあります。

まっすぐに目が通っているので、寄せ木づくりにしたりできます。

楠は個人的に良く使います。

ノミを入れた時の感触 (めちゃカタイときもあり ) と、飛び散るように香るスーッとした香りがとても好きです。

独特の木目で、いろいろな方向から刃先が入ってくれるので私のつくりたい作品には向いているのです。

比較的暖かい地方 (九州、四国、本州中南部
)に分布しており飛鳥時代にすでに仏像に使われています。

榧(かや)も必要に応じて、特に小さく細かな彫刻の仏像に使います。

少し前までは、インド産の
老山白檀を良く使ってたのですが、
原木の輸入が無くなってからは材料自体が希少価値の高いものとなってしまいました。

いずれの材にも仏像にとっての大切な共通点があります。

それは古くから言われていることで

とても大切な事なんです。

仏像は香木でつくること。



Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

ブログ記事でご紹介した各地の位置を地図から総覧いただけます。ぜひ旅先でお立ち寄りください↓

これまでの記事をまとめてご紹介
『かゆう雑記帳』↓

Selected Entry

Archive

Comment

Link

ブログ記事をお読みになられた後に両バナーをクリックしていただければ励みになります↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

Search