彫刻や絵画で龍を現す機会を頂くと
仏さまとは違ったワクワクした気持ちになりますね。

龍は特別な存在です。

昔からいろいろな姿で表現されて来たように、
また新たな姿で現す事が出来るんです。

提案された平面に、あるいは空間に
どんな風に現れてくれるのか。

自分がその場に立ってみて、初めて感じる龍の存在を表現するのですよ。
ワクワクして当たり前かな。


どんな龍なんでしょう。

青龍だったり白龍、黒龍もいれば金色や銀色の龍など多彩な身体の色はもちろんのこと

爪の数は三つ、四つ、五つなどあります。

珠を持つ、あるいは咥える

ツノや鱗で身体を包み

身体から稲光りや炎をきらめかせながら

激しくくねらせたり
雲の中にかくれたり

怖そうな顔をしてるのに

悪でないことがわかるって


魅力ある不思議な存在ですよね。





Comment





   

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

ブログ記事でご紹介した各地の位置を地図から総覧いただけます。ぜひ旅先でお立ち寄りください↓

これまでの記事をまとめてご紹介
『かゆう雑記帳』↓

Selected Entry

Archive

Comment

Link

ブログ記事をお読みになられた後に両バナーをクリックしていただければ励みになります↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

Search