仏さまの衣装といえばチョット変わってますよね。

日本ならではの着物ではないし、
もちろん洋服は違うし、
仏教のルーツであるインドの衣装でさえもちと違う。

お坊さまの袈裟に関しては如来の纏う大衣と共通したものもあります。
袈裟については、お釈迦さまの糞掃衣に由来します。

明王や菩薩の衣装の多くは、裙(くん)条帛(じょうはく)天衣(てんね)と呼ばれる3種類からなります。

裙はいわゆる腰巻きみたいなカンジでしょうか。
身体の中央であわせ、腰紐で結わえています。
裙の上部は折り返して、短い飾り布を重ねたりしているときもあります。

条帛は左肩から右脇に斜めに掛けている細長い布です。

天衣は両肩に掛けている長ーい布ですね。
ショールではありませんよ。

基本は、右肩から左腕に、左肩から右腕に
優雅に掛けています。
ややこしいところで、こんがらがってしまいそうなトコですね。

もちろん変則もアリなので、あくまでも基本形です。

画像の不空羂索観音(ふくうけんさくかんのん)は、変わった条帛です。
鹿皮を左肩に纏っているのですね。

天台系の六観音のなかのひとつとされています。


Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

ブログ記事でご紹介した各地の位置を地図から総覧いただけます。ぜひ旅先でお立ち寄りください↓

これまでの記事をまとめてご紹介
『かゆう雑記帳』↓

Selected Entry

Archive

Comment

Link

ブログ記事をお読みになられた後に両バナーをクリックしていただければ励みになります↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

Search