法隆寺と四天王寺。

ともに聖徳太子の御寺として名高いお寺です。

創建は、わずかに四天王寺の方が古くはあるものの

かたや奈良の斑鳩に

かたや大阪の難波宮の近くに

1400年の歳月を超えてお太子さんのお寺は存在します。

法隆寺は、今なお当時の姿を残して世界遺産にまで登録されておりますが

四天王寺は、災害や大戦の憂き目にあい、当時の様子を再現するべく尽力されています。


いずれにしろ、この長い歳月を乗り越えてこの二つのお寺がある事が凄いなとおもうのです。

当時の姿を守り続けて今日まであり続ける事は
いろいろな条件をクリアしてきたからこその結果であったし
いにしえの人々の思いがあればこそですよね。

再現した姿もまた、当時の人々の強い思いの結果であるわけで

1400年にもわたって聖徳太子の思いが受け継がれ続けていることに、何度訪れても感動するのです。

たまたま日を空けずに四天王寺と法隆寺を訪れて、余計にそういう思いを強く持ちました。

お寺には、聖徳太子さまの二歳像から始まっていろいろな歳のお姿がつくられています。

仏教を日本にもたらしてくれたおかげで
今の私たちも仏さまをおつくりする事ができるのだなと感謝しつつ

ホントにお会いしてきたような気がしています。




Related Entry
Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

ブログ記事でご紹介した各地の位置を地図から総覧いただけます。ぜひ旅先でお立ち寄りください↓

これまでの記事をまとめてご紹介
『かゆう雑記帳』↓

Selected Entry

Archive

Comment

Link

ブログ記事をお読みになられた後に両バナーをクリックしていただければ励みになります↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

Search