真夏の暑い季節に「ろくどさん」と言って
六道まいりというのがあります。

夕方涼しくなってから出かけるのがお決まりになっていて
五条通りの鴨川東あたりから東大路にかけてずらっと並ぶ陶器市を見ながら歩いていきます。

五条から北へそれて六波羅蜜寺へ参りそのままさらに北へ向かうと
六道の辻と書かれたに石碑を左手に曲がるとお寺の入り口があります。

この西福寺には子供の時から何度も訪れています。

こちらの小さな寺に入ったとたんの何とも言えない感じが面白くて、この時期になると出かけたくなってしまいます。

ここでは地獄絵図や檀林皇后九相図の怖くて
結構グロいのが拝見できるんです。

がしかし、なぜか入ったらやけに暗くてサッパリ見えません。

え?停電?!

ついさっきまで点いてたんだけどねぇ。との事

懐中電灯で一つひとつ照らしながら
ご詠歌をBGMに地獄絵図を見るのもまた、なかなかムードあります。

以前は確か肉筆のがあったのですが、レプリカの物になっておりました。

とはいえ何度も見た九相図も地獄絵図も
やはりキモチワルいなー。

怖いもの見たさで何度も来ています。

この少々小さめのお寺には入り口から妖しい気配がギッシリ詰まっていて

濃い暗闇に目を凝らしながも、見てはいけないモノを見ちゃったらどーしよー?なんて考えながら門を後にします。

お寺の向かいには、幽霊の子育て飴なるものを昔から売っております。

東へ行くと六道珍皇寺。

閻魔様にご挨拶を申し上げて
小野篁の話に平安時代へタイムスリップはいかがでしょうか?


Related Entry
Comment
娘が東山におりましたので陶器市と六道参りいつも押しかけていっていましたが西福寺は行ったことがありませんでした。檀林皇后さんの九相図ってそんな高貴な方を九相図にしていいの〜?でも見てみたいです。
珍皇寺のざわめき、鐘の音とお線香の香り日本の夏!ですね。静岡の片田舎ではもうそういった風習が廃れてしまいました。
  • ぴろんこ
  • 2018/08/09 08:55
夕べは殺人的な暑さも一休みなのか、随分涼しくなっておりました。
この世ではない、あの世の世界に思いをはせるのも、あの界隈ならではのチカラがあればこそですね。

子供の情操教育にも一役かっております。

夕方から夜にかけてお寺にお参りできるのも、この時期だけなのがまた面白いですね。
私も久しぶりに出かけて昔ながらの風景が嬉しいものです。
  • かゆう
  • 2018/08/09 12:58





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

ブログ記事でご紹介した各地の位置を地図から総覧いただけます。ぜひ旅先でお立ち寄りください↓

これまでの記事をまとめてご紹介
『かゆう雑記帳』↓

Selected Entry

Archive

Comment

Link

ブログ記事をお読みになられた後に両バナーをクリックしていただければ励みになります↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

Search