お気に入りの筆があります。

たくさんある種類の筆のなかで私なりのベストチョイス!

イタチ毛の骨描筆
イタチ毛の面相筆
羊毛彩色筆
と言っても同じようなものがいっぱいあるので、店先で決まったのを選んでいます。

いつのまにか沢山ある似たような筆の中から、使ってみて良かったのをリピートしている内に定着してしてきました。

軸の色と見覚えのあるラベルで選んでいて、ラベルの文字まで読んでないなー、と今思いました。

筆ってけっこう消耗品なのです。

だいだい、1作品で骨描き筆は1、2本ダメになります。

ハケは違いますよ。
ハケは一生モンです。
なので、少々お高いものでも必要ならばエイヤっと購入いたします。

でも、筆はいくら良いものでも命毛(いのちげ)と呼ばれる先っちょが消耗してしまいます。
描いている内に擦り減ってチビてしまう訳です。

骨描き筆や面相筆は線を描く筆なので
チビた筆は他の用途にまわります。

彩色筆は色を塗る筆。

先が効いて色も塗れる削用筆や尖筆と呼ばれるものなどもあります。

ほんとうに筆の種類は沢山あって、
使い手はそれぞれ描くものに合わせて筆を選んでいくうちに自分にあったお気に入りに出会えます。

新しいお気に入りの筆のキャップを捨てて
ほっそりと固めたノリを洗い流し
墨や絵の具を含ませる。

程よいコシとまっさらの命毛のシャープなラインは期間限定ではあるものの
意のままに自由自在に付き合ってくれる大切な筆なんです、

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

ブログ記事でご紹介した各地の位置を地図から総覧いただけます。ぜひ旅先でお立ち寄りください↓

これまでの記事をまとめてご紹介
『かゆう雑記帳』↓

Selected Entry

Archive

Comment

Link

ブログ記事をお読みになられた後に両バナーをクリックしていただければ励みになります↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

Search