音をカタチにする。

なんてムリな話ですが、たとえば、菩薩が笛を吹くならば、どんなでしょう。

イメージからカタチをつくる。

不思議な笛の音と、空間が共鳴したならば?

ちょうど頂いた楠の神代は、木目もまだらでふつうに仏さまを彫るには不向きでしたが、ちょっと濃い色の木肌が美しく何とか生かしたいとの思いがカタチになりました。

材の容量いっぱいにスケッチを描き、粘土で試作そして材に落とし込む作業。

神代の楠木に一刀目をいれたとたんの、芳しい香り!

普通の楠よりもはるかに素晴らしい香りに包まれながらの彫刻は楽しいものです。

少々カタイのも難なんですけどー。

彫り進めるうちに、割れがでたり小さな節や入り皮みたいのが出たりしますが、なんと。

出ました顔に…

何とか顔を奥につめていくと綺麗に省かれたのでほっとしました。

なんだかんだとあるものの、何とか上手くまとまりそうです。

妙なる音が聞こえるでしょうか。


玉眼の開眼をし終えたところです。

修復のためお預かりしているのですが、玉眼の場合は、ガラスが嵌め込まれているので内側から目玉?な様子を描き込みます。

大抵はお面のように、顎のあたりや耳の後ろで剥ぎ合わせる仕組みです。

こんなふうに並んでるのも珍しいですよね。

十二神将なんで、いろんなお顔です。

元のお顔の画像を見ながら同じように裏側から描いておいて、目のフチも赤みをさしてー。

最後に白目にあたるところはワタを仕込むとなかなかのリアル。

後は剥ぎ合わせて漆の下地をしたのち、彩色という事になります。

こういう修復の仕事も、なかなか大変です。

前の傷んだ下地など全て剥がすと、結構バラバラになってしまいます。

パーツになったひとつひとつをパズルのように組み合わせていくのは、なかなか根気のいる事で、全く欠損している場合は新しく木を足してつくります。

こうして令和の時代を超え、仏さまはこれからも永らえて行かれるのですね。

儀式用の供花を用意します。

仏所での儀式というと、ほとんどが鑿入れの儀式なので、あまり大きな活けものはできませんが、その時の仏さまの雰囲気に合わせて用意しています。

「花政」にて、その時々のお花をお願いしています。

毎度、仏事に使うオーソドックスな花器に、季節の花を美しく活けてもらう事にしていて、ありがちな菊などは避けてもらっています。

仏さまのイメージからワタシの勝手なリクエストを快く聞いていただき、和花を中心に自然から摘んできたような趣きが素敵なんです。

今回は、お日さま、お月さまと星々をイメージして貰いました。

赤い太陽と白い月は千手観音も持っているし、阿修羅や妙見菩薩も持っています。

雨宝童子の絵にも、手にこそ持たないものの上空に並んで描かれていたりします。

お日様になぞらえて、真っ赤なケイトウのみを指定して、あとはお任せします。

ほらね。

素敵なお供えのお花になりました。



Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

ブログ記事でご紹介した各地の位置を地図から総覧いただけます。ぜひ旅先でお立ち寄りください↓

これまでの記事をまとめてご紹介
『かゆう雑記帳』↓

Selected Entry

Archive

Comment

Link

ブログ記事をお読みになられた後に両バナーをクリックしていただければ励みになります↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

Search