長ーいお休みのおかげで、榧のシリーズも早めに進める事が出来ています。

渋滞の情報や、街中の人混みをみるにつけて
ウチで好きな事をのんびり出来るのはいいものと実感します。

絵を描いたり彫刻をしたりと、時間を忘れて
やっていると、あっという間に一日が過ぎて
はや、連休も明日でおしまいです。

長い遠出もいいですが、合間に近場でゴハンを食べたりするぐらいの日帰りのお出かけをする程度で結構満足な連休になりました。

粗彫りがほぼ終わってそろそろ小づくりという段階でしょうか。


仏画の小下絵も仕上がりが見えてきたところです。

仏画も彫刻もここからもっと楽しくなってきます。

何もしていない時間では、今後の展開をあーだこーだ考えているのも楽しいんですよ。


   


平成から令和へと新しい時代となりました。

 光格天皇以来200年ぶりの上皇になられたと話題にもなってましたね。

その光格天皇ゆかりのお寺でもある聖護院では特別公開をなさっていて、ゆかりの素晴らしい輿や念持仏など普段では拝見出来ないものを公開しておられます。

祖父とのご縁もあって当代御門跡ご夫妻みずから気さくにご案内いただきました。

楽しいお話を交えてのご説明がなんとも心地よいのですよ。

ちょうどお護摩も焚かれるタイミングもあったりと、修験道の勇ましさと王朝貴族の文化が相まって濃厚なひとときを過ごせました。

狩野派のたくさんの襖絵も見どころで、あちこちキョロキョロ、お庭や建築など何もかもが丁寧なご説明でもって改めて素晴らしさを認識いたしました。

門跡寺院なので菊の御紋なのですが、菊の中央に修験道の法螺貝があしらわれた珍しい御紋が印象に残っています。


生駒支部による第24回めの展覧会です。

近鉄生駒駅から歩いて5分ほどの近く、芸術会館  美楽来(みらく)にて開催されていました。

いつも真やさんと私も参加させていただいてます。

代表の矢野公祥先生は、とてもくだけた面白い方なんですよ。

たくさんの教室を持った大ベテランなんですが、楽しいお話でいつも和ましていただいてます。

生徒の皆さんの作品も、最近始めた方からベテランの方まで、それぞれ思い思いの仏さまがたくさん展示されています。

春らしい新緑の生駒で、手間ひまかけた仏さまをゆっくりと拝見しながら皆さんと楽しいひとときをいただきました。


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

ブログ記事でご紹介した各地の位置を地図から総覧いただけます。ぜひ旅先でお立ち寄りください↓

これまでの記事をまとめてご紹介
『かゆう雑記帳』↓

Selected Entry

Archive

Comment

Link

ブログ記事をお読みになられた後に両バナーをクリックしていただければ励みになります↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

Search