まだこの春に開館したばかりの美術館です。

新しく出来た中之島ツインタワー内にそれはあります。

ウエストの方の4階ね。

お向かいのフェスティバルタワーの方では、朝日のカルチャーセンターがあるので、仏画の教室のために通っています。

ちょうど仏教美術のコレクションが始まったので教室の皆さんと行ってまいりました。

仏像も仏画も程よい距離と照明も良かったですよ。

内容もバラエティーに富んでいて私の好きな金銅仏から始まり鎌倉時代までの優れた仏さまから、外国の古仏。

密教の曼荼羅から絵巻物まで、少しずついろいろ楽しめる企画展でした。

何人かで訪れたので、ついついあーだこーだとお喋りしてしまい注意される事数回。

反省しております。

入れ替えの展示もあるので、懲りずにまた行ってみようかな。

大阪の中心、ビルが立ち並ぶ中之島駅の真上にこんな美術館があるのも面白いですね。


神戸市の御影にある香雪美術館の本館にもぜひ、行ってみたくなりました。


仕上げています。

どんどん細部も詰めてきました。

ここから大きく変わる事は無いですが
鉛筆の線や汚れたところを丁寧に削っていくので、手袋をはめています。

手袋も鉛筆の汚れやなんやかんやで汚くなってしまうので、手袋も変えなくてはいけませんね。

細かい手指の仕上げや飾りは、もう少し後でやります。

蓮の蕾も折れてしまいそうなので、このくらいで置いといて、最後に茎を細めようかな。

ぼちぼち顔を仕上げる段階でしょうか。

蓮台の花びらを6枚か8枚かで迷っていましたが、8枚でする事に決めました。

ここら辺から決定の連続です。

今まで曖昧にしていたのも全体を見ながら決定して仕上げるんですね。

いわゆるクライマックスと言うやつですよ。




秋の特別拝観と霊宝館での密教美術の展示を拝見にいきました。

孔雀明王の仏画や愛染明王、五大明王など、密教好きにはたまらない仏さまに会う事が出来ます。

特別拝観の金堂は、佇まいも御所の紫宸殿を移築しただけあってお寺でありながら雅な王朝文化を感じさせてくれます。

暗く厳に荘厳された内陣の仏さまにご挨拶して裏堂にまわると
初公開といわれる五大明王が色鮮やかに描かれており、なかなかの迫力でした。

沢山の倒木が積まれてあって台風のつめ跡が痛々しいものの、
世界遺産に指定されるだけあってまわりの豊かな木々や借景となるやなだらかな山の緑が気持ちいいんです。

背後の山には御室八十八ヶ所があって、巡るのも楽しそうです。


少し上がってみました。
お参りすると次の祠がいい具合に見えてつい行きたくなってしまいますが、時間がないので引き返してきました。

また、この次の機会に残して残る御殿に向かいます。

宸殿や書院に繋がる渡り廊下が楽しく、しばし平安時代の雅な空間に身を置いた気分になります。

なんとも素敵です。

工事中の観音堂もお参りできなかったので、有名な御室の桜の頃にまた、来れるかな。






Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

ブログ記事でご紹介した各地の位置を地図から総覧いただけます。ぜひ旅先でお立ち寄りください↓

これまでの記事をまとめてご紹介
『かゆう雑記帳』↓

Selected Entry

Archive

Comment

Link

ブログ記事をお読みになられた後に両バナーをクリックしていただければ励みになります↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

Search