ホトケノザを見つけました。

別段珍しくもない雑草のようなものですが、しみじみ観察していると確かに仏さまの台座のように丸い葉っぱが層をつくっていますね。

台座に見立てて一番上は蓮台で、中ほどは華盤(けばん)や返り花、下の方は框(かまち)などでしょうか。

ホトケノザなんて昔のヒトは上手くつけたものだな、と感心します。

横に咲いてるのはヒメオドリコソウ。

これもかわいい名前です。

小さい青い丸っこい花もたくさん見られました。

とても可憐な花で、これまたどこにでも見られるイヌノフグリです。

名前とはいええらい違いですよね。


榧のシリーズです。

座の5寸程のサイズは手ごろというか、程よい大きさですね。

古い金銅仏から、彫ってみたいと思っていたすがたです。

如来は難しいものですが、蓮台から垂れ下がる裳懸の様子がいいなぁと。

オリジナルは本体のみで台座光背は無いようなので、本体に合うように拵えます。

裳懸を一体でつくるためには仮台も必要になるのですが、ノミでたたくのは仮台に据えたままでないといけない事に今更ながら気がつきました。

ちょっとやりにくい。

理想のかたちを実行するには何かとまわり道がありますね。

そのまわり道も楽しいものです。


ソメイヨシノもそろそろおしまいですが、新録の美しい岡崎公園、みやこメッセでの巧芸社主催の現代仏教美術展をば、またまた今年も開催しております。

真やによる截金彩の香合や屏風と、私の飛天を出品させていただいております。

仏教にちなんだ多方面の作品がいろいろ楽しめる展覧会になっていて出品者である当の私たちも楽しませて頂いてます。

それぞれの制作者の苦労話や、面白いお話を聞くことができるのもこの会ならではでしょうか。

熟練の工芸作品をじっくり拝見しながらの贅沢な時間を味わう事が出来ますね。

最近では若手の出品者も参加されるようになって、より充実してきました。

毎年たくさんの方々に足を運んでいただいて本当にありがとうございます。


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

ブログ記事でご紹介した各地の位置を地図から総覧いただけます。ぜひ旅先でお立ち寄りください↓

これまでの記事をまとめてご紹介
『かゆう雑記帳』↓

Selected Entry

Archive

Comment

Link

ブログ記事をお読みになられた後に両バナーをクリックしていただければ励みになります↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

Search