こちらの白いきつねさんは、お修理で最上稲荷さんという事でお預かりしています。

綺麗にお直しして彩色を施すと、ナント!

めちゃ可愛いー!んですよ。

形としては至ってシンプルですが、その目ヂカラはすごいものです。

この玉眼がまた生き生きした感じと、ご霊剣あらたかさを増してるんですね。

仏教では荼枳尼天といわれ、稲荷神と習合されたとあります。

ともあれ、昔からきつねにバカされる話しは小さい頃によく聞かされました。

宴会でのご馳走を折詰で持ち帰るのに、糺の森を歩いていたら、暗やみでちょんちょんと裾を引くモノがいると。

構わず歩いて家に戻って、さぁ折詰を頂こうと蓋をあけると中は葉っぱだったとか。

どこかからの帰り道に温泉が湧いているのを見つけて、いいお湯だと入ってると、肥だめだったとか。

糺の森のきつねさんの仕業というコトになってます。
やはりただならぬチカラを持ってるという事ですよね。

お稲荷さんにお願いするときは、お揚げさんをお供えするとか。

これっておきつねさん用ですよね。

なんか面白いですね。


榧のお薬師さんのための蓮台を拵えてます。

裳懸なので、衣の懸るぶんはほぼ見えないのですが、一応つくる事になります。

衣の懸り具合から一段ごと8枚の三段か五段ぶきと考えたのですが、全体のバランスから三段ぶきが良かろうとの結論です。

本体と合わせながら蓮弁の開き具合や長さを決めて一枚一枚揃えて拵えます。

見えない所はやらなくていいかなー。

とはいかないんですね、これが。

バランスよく蓮弁をふくにはやはりつくらねばなりません。

一段ごとに蓮弁を拵えたら、裳懸の懸る見えない所は裳懸の厚みで先があたるので、当たった分だけ落としてゆきます。

8枚のうち4枚は見えないのでせっかくですが、先を落としてから二段目そして三段目。

珍しい三段ぶきの蓮台が正解かどうかはわかりませんが、やってみないとね。

三段目があらかた出来てきました。

きっと底から覗く方がおられるだろう事を想定して、ちゃんと仕上げおかないとね。


お薬師さまと結縁(けちえん)を結ぶ機会をいただきました。

仕事柄、こういう機会を今までもいただいてきましたが、改めて言葉の意味を調べてみると、

今すぐ仏道に入って悟りを開くことができなくても、いつか仏道に入るために仏教と縁を結ぶこと、とありました。

この「いつか」というのがいいですね。

ゆるくて。

今すぐ修行とかなると、それなりに覚悟が要りますもんね。

スタートラインに立ったけど、スタートするのはいつでもいいよと。

仏さまのお手に結ばれた五色の長い紐の先は、お薬師さまの持つのと同じ薬壺に結ばれていて、両手に持ってご真言を唱えるのですね。

お納めしたお薬師さまと改めて結縁を結ぶことに不思議な感じがしました。

こちらは倉敷市真備町にある森泉寺、不思議な亀乗薬師如来の伝説と、この地にお出でになったお話などもっと聞かせていただきたいですね。



Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログ記事でご紹介した各地の位置を地図から総覧いただけます。ぜひ旅先でお立ち寄りください↓

これまでの記事をまとめてご紹介
『かゆう雑記帳』↓

Selected Entry

Archive

Comment

Link

ブログ記事をお読みになられた後に両バナーをクリックしていただければ励みになります↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

Search