宇治のほうに用事があったので萬福寺へ立ち寄る事にしました。


冬枯れの池のハスや、雪がちらほら降る様子はなんとも風情を感じますが、うー寒い!


幸い?風がなかったのでまだマシとはいえ

この冬の寒いこと。


"冬来たりなば春遠からじ"と呪文のように自分に言い聞かせ、総門から三門を抜けると

真っ直ぐ正面に天王殿があります。


解放された入り口に、こちらをむいてでーんと金色の大きな布袋さんが出迎えてくれます。


こんな寒い日でも大きなお腹を出しておおらか笑ってにおられます。


背中あわせてに韋駄天、左右に四天王と

中国風の仏さまにご挨拶。

天王殿を後にして大雄宝殿、いわゆる本堂に向かいます。


ここは三門から大王殿、大雄宝殿、法堂と一直線上に並ぶスケールの大きさとたたずまいに 当時の中国らしいかおりがして すてきなのです。


大雄宝殿のお釈迦さまにお会いして、周りにおられる十八羅漢のユニークな姿と、舌を噛みそうな名前を読み上げながら(うるさい?)

楽しく次の法堂へ。



おー!法堂からみた大雄宝殿!


すてきです。

法堂の中は入れませんが、建物とその空間がなんとも良いのです。


寒くなく時間が許せば、

しばらくのその場に座っていたい。


この空間に身を置きたいヒトの為にちゃーんとベンチがいくつも用意されていました。


暖かくなったらまた来よう!


萬福寺 ここから




高野山別格本山 一乗院さんに参りました!

寒いのはちょーニガテな私にとっては、この季節に参らせて頂くすなわち修行…みたいなもんです。

もちろんお仕事ですので、そんな事言ってたらバチが当たりますが。

一乗院様とは、阿字観の軸装をご依頼頂いたのをはじまりに、本堂の欄間彫刻をはじめ脇陣から裏堂にかけての地袋の絵画や花丸天井を手掛けさせていただきました。

松久宗琳仏所の仏師たち一同、素晴らしいお仕事に携わる事ができ、とても感謝しております。

本堂には荘厳され厳かな雰囲気に本尊弥勒菩薩やいろいろな仏様がおられ、リニューアルされた裏堂には、宗琳作(父です)の等身大の十一面観音像と光華観音像が安置されています。


こうして時々お山に上がらせていただいて
観音さまにお会いするのも楽しみのひとつです。


ここは宿坊とは言いながら、高級旅館のような設備が整っており、実は真冬でも快適に過ごすことができるお寺です。

私のもう一つの楽しみに精進の食事があります。

料理の品々は、味覚はもちろんのこと視覚的にも美味しく四季折々工夫されています。

趣向をこらしたお料理に、料理人の細やかなお心遣いを感じ取ることができます。
今日は工事がおありとかで、宿坊としてはお休みされてて、残念ながらお食事はいただけなかったのですが。

お山の清浄な空気と、宿坊の隅々まで清められた贅沢な空間に
ほんのひとときですが、身を置くことをありがたく思います。

おっと私は何をしに来たのでしたっけ。

実は、仏さまのお修理のためでした。

今回はお預かりに参ったのですが、大切に持ち帰り 傷みをお直ししてまた、春にはお戻りになる予定です。

ここから開きます


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

ブログ記事でご紹介した各地の位置を地図から総覧いただけます。ぜひ旅先でお立ち寄りください↓

これまでの記事をまとめてご紹介
『かゆう雑記帳』↓

Selected Entry

Archive

Comment

Link

ブログ記事をお読みになられた後に両バナーをクリックしていただければ励みになります↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

Search