現代仏教美術展が例年どおり

京都 岡崎公園内のみやこめっせに置いて明日から始まります。


松久門下の仏師たちの仏像をはじめ、仏教美術に携わる工芸師の先生がたの力作がご覧になれる珍しい展覧会となっています。


たとえば仏像の入られる厨子は、

木地師、塗師、箔押師、金具師など複数の工芸師による総合的な工芸作品となります。


金工師による仏舎利塔や香炉であったり


刀鍛冶による刀剣など


真やさんは、香合などの截金彩作品の出品と

由谷仏師の毘沙門天の截金彩を担当しました。


私は仏画の聖観音像を出品しています。


紹介すると長ーくなるので下記HPからご覧ください。


入れ替わり立ち替わり制作された作家や工芸師の方がたもおられるので

専門的なお話も聞けたりして面白いのでは

ないでしょうか。


真やさんと私もたまに顔を出してますので

ぜひともお声掛けくださいませ。


震災のチャリティーのコーナーもあって、早いうちなら、ステキなのがお安く手に入るかもしれませんよ。


今年の岡崎の桜は終わってしまいましたが

新緑のキモチよい季節になってきました。


散策の途中にお立ち寄りくださいませ!


会場と出品作品こちらから


最後に、松久宗琳仏所からご案内はがきをお出しするはずが、手違いにより一枚もお出ししてなかったのでしたー。

大変申し訳ございませんっ!


おまけに仏所のHPも作り直してる最中でして

お知らせ出来てない状態ですぅ。

重ねて、重ねてお詫び申し上げます‼









截金彩師である真やさんと一緒に

いろんなアイデアを出しあい

仏教美術をもとにしたモチーフを素材に

皆さまに気軽に喜んで貰えそうなものづくりをしております。

截金彩や仏画などを、雑貨などのデザインや制作に生かし手がける部門 〈京あろり〉をつくりました。

昨秋〈六鳥  香りまもり〉をこの度新たに発売する事が出来、ご好評いただいております。



おかげさまで家庭画報5月号に掲載していただきました。


六鳥とは、浄土いわゆる極楽に住むと言われる鳥たちの事を指します。


美しかったり、声が素晴らしいなど

それぞれに特徴をもった鳥を

真やさんが新たにデザインし


活版印刷ならではのこだわりと風合いに


さらに金彩の手描きを加え


山田松香木店ならではの〈匂い香〉をそえました。


香しいかおりとともに

美しくも可愛いらしい鳥たちを楽しんでいただけたらと願っております。







仏像彫刻の教室があります。

仏所では仏像を制作する事を中心にしておりますが、
仏像彫刻を楽しみたいという方のために
ずいぶんと前に一般の方に向けて
仏像をお教えした事から始まりました。

京都の仏所がおおもとですが、いろんな所にお教えする場があります。

仏所とは別に、宗教芸術院という名称を持っています。

関東にもたくさんの教室があり、
この3月10日から3日間東京美術倶楽部にて関東の教室の展覧会が催されました。

展覧会は今年で9回めですが、3年に一回という事なので1回から数えて24年の時を重ねているわけです。

関東では、川村先生が中心となる講師の先生がたがおられます。
たくさんの方々にご指導いただいてます。

私と柚山仏師と2名で展覧会へお訪ねしまた。

長く続けている方から最近始めた方も含めて
力作が勢ぞろい。

同じテーマで制作してもそれぞれの個性が滲みでて、楽しく拝見させていただきました!

私たち仏師の目からみても脱帽!というのもあるのですよ。

皆さんとの楽しい会話も弾み、同じ仏像彫刻を志す仲間に入れていただきました。

ありがとうございました。
10回目の展覧会、楽しみにしています!


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

ブログ記事でご紹介した各地の位置を地図から総覧いただけます。ぜひ旅先でお立ち寄りください↓

これまでの記事をまとめてご紹介
『かゆう雑記帳』↓

Selected Entry

Archive

Comment

Link

ブログ記事をお読みになられた後に両バナーをクリックしていただければ励みになります↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

Search