今年の元旦からブログを始めて2回ほど記事に書いていた観音さまの光背。


ほんの少しずつですがやっと雰囲気が出て来ました。


仕事の合間に進めているので、なかなかはかどらないのだけど。


周りの透かし彫りのところは宝相華唐草と言います。


宝相華(ほうそうげ)とは架空の花でお浄土の花なんですね。


光背の周りは、仏さまのオーラを表現してるんですが唐草に限らず、いろいろなデザインがあります。


カタチもいろいろ。


はっきりと決まっているのではないんですね。


光背はそれぞれの仏さまの世界観を表現していて、その表現はひとえに仏師に委ねられことになります。


仏像についてのみ語られる事が多いのですが

本来から言えば仏さまを中心にすえた光背や台座

ひいては周りのしつらえから仏さまの家である建築までをひとつの世界と見るのが理想と考えます。


あ、はなしが広がってしまいました。


戻って光背です。


まだまだ先は遠いですね。



浄住寺の本尊、釈迦牟尼像から納入品が出て来た件について

まだ細かいところはわかっていません。


お修理は粛々と進んでいます。


本尊の漆塗りの下に貼ってあった南無阿弥陀仏と書かれていた紙はずいぶんと虫に食われていたことから

やはり新しく漆箔を施す事となりました。


まずは水で汚れや古い漆など木地が出るまで洗い落とす作業から始まります。


接着力の落ちた古い膠も全て取り除き

新しく接着していきます。


要は、木で彫られた部分だけが昔のもので

あとは全て新しい材料でし直す方法です。


で、釈迦牟尼像も水につけられ汚れオトシの作業を進めてくれていました。

あれ?

これはなーに?


ふたつに分かれた頭部の内側にあったんですね。


洗い作業を進めていた仏師が持って来てくれました。


とても小さな包みが大切に渋紙でまかれ、

美しい黄緑色の金蘭と紫色の金蘭が重ねられた?おそらく包んであったのが開いてしまったのだと思われます。

中身はなんなんでしょー!?


ハヤる気持ちを抑えつつも中身を想像してやみません!


なんだと思います?


またまた続きです。






仏像彫刻の教室があります。

仏所では仏像を制作する事を中心にしておりますが、
仏像彫刻を楽しみたいという方のために
ずいぶんと前に一般の方に向けて
仏像をお教えした事から始まりました。

京都の仏所がおおもとですが、いろんな所にお教えする場があります。

仏所とは別に、宗教芸術院という名称を持っています。

関東にもたくさんの教室があり、
この3月10日から3日間東京美術倶楽部にて関東の教室の展覧会が催されました。

展覧会は今年で9回めですが、3年に一回という事なので1回から数えて24年の時を重ねているわけです。

関東では、川村先生が中心となる講師の先生がたがおられます。
たくさんの方々にご指導いただいてます。

私と柚山仏師と2名で展覧会へお訪ねしまた。

長く続けている方から最近始めた方も含めて
力作が勢ぞろい。

同じテーマで制作してもそれぞれの個性が滲みでて、楽しく拝見させていただきました!

私たち仏師の目からみても脱帽!というのもあるのですよ。

皆さんとの楽しい会話も弾み、同じ仏像彫刻を志す仲間に入れていただきました。

ありがとうございました。
10回目の展覧会、楽しみにしています!


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

ブログ記事でご紹介した各地の位置を地図から総覧いただけます。ぜひ旅先でお立ち寄りください↓

これまでの記事をまとめてご紹介
『かゆう雑記帳』↓

Selected Entry

Archive

Comment

Link

ブログ記事をお読みになられた後に両バナーをクリックしていただければ励みになります↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

Search