お修理のためにお預かりしていた仏さま。

 

いよいよ取り掛かるのに、中から音かすることから底板を外す作業を始めました。

 

漆を塗った底面をめくってびっくり。

一面に、南無阿弥陀と墨書きされています。

それが幾重にも重なっているのです。

 

これはあやしい。

 

どうやら全身南無阿弥陀と書いた紙に包まれてから漆が塗られいたようです。

こういうのは、見たことない。

 

紙には柿渋が塗られた感じです。

湿気が入らないようにしたのでしょうか?

 

ますますあやしい。

 

像高60センチ程の座像なので、たいてい中は空洞です。

底板がぴっちりはめ込んであります。

 

うーん。

これは何かありそう、な気がする。

出てきたんです!

 

胎内に納入品が入れられていたんです!

 

由緒あるお寺ですが江戸時代の仏像なので

歴史的な評価は決して高くはありません。

 

とはいえ創建は平安時代であり、350年程前に現在の寺のありよう(当ブログ"二つの寺"でふれています)になりました。

 

本尊は当時から表面的な修理のみに済まされていたんですね。

 

中に入っているのを確認した時はもう、トリハダものです。

 

おー!!!

慌ててお寺や関係者の方に連絡したりと大騒ぎです。

 

中には大小の巻物が四つと、なにやら怪しげな包みがひとつ。

 

勝手に開ける訳にはいかないので、関係の方を待つことに。

 

で、いよいよです。

 

仏像の専門の大学教授に来訪いただき、お寺のご住職にそろそろと巻物の紐を解いてもらいます。

 

なにが書かれてたか?

                                   次回つづきます。

 

 

      普賢さまの白象


象、獅子、水牛、孔雀、ガチョウ、蛇、狐
などなど、
仏さまの、チカラの象徴として、動物たちが登場します。

多くは、その上に乗っかるスタイルですね。

もちろん誰でも適当に乗せればいいわけではなく、決まりはあります。

普賢菩薩は、白象
文殊菩薩は、獅子
大威徳明王は、水牛
孔雀明王は、孔雀
などなど

軍荼利明王は、たくさんの手に蛇を巻きつけたりなんかして

仏さまはともかく動物たちは子どもたちにウケます。

大人に連れられ展覧会に来てくれたとき、仏さまを乗せてるほうのぞうさんなど動物たちにとても反応してくれます。

現実から少しデフォルメされたユニークな動物たちは、この世ならぬ仏さまの世界を身近にしてくれます。

このおかしみのある動物たち。

象やライオンなど見た事のない昔の仏師がつくるからリアリティーのないカタチになったとしたら
ホントのところを知ってリアルにこしらえることもしてみたのです。

が、これが合わないんですよー。

なんだかなー。

仏さまを乗せるべきカタチがあることで並の動物たちではないチカラを感じさせてくれるのですね。


東洋大学国際観光学部の学生さんたちが、京都でのフィールドワークの一環として仏所に見学に来られました。



教授の須賀先生を初め引率をされた"和のこころ"の方と8名のかわいい学生さん達です。


仏像の展示室で、たくさんの仏像をご覧いただきながら仏像の歴史や造り方などお話させていただきました。


工房では実際に仏像をつくるところも間近にご覧いただき、より興味を持ってもらえたと思います。


お寺や博物館の仏像だけでなく、新しい仏像や今なお引き継がれている仏師のすがたを通して、より身近に仏さまを感じてくれることを願っています。


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログ記事でご紹介した各地の位置を地図から総覧いただけます。ぜひ旅先でお立ち寄りください↓

これまでの記事をまとめてご紹介
『かゆう雑記帳』↓

Selected Entry

Archive

Comment

Link

ブログ記事をお読みになられた後に両バナーをクリックしていただければ励みになります↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

Search