私の通っていた幼稚園は仏教系でしたので、4月8日には、花まつりなる催しがありました。
お釈迦さまの誕生日を祝う日で灌仏会ともいいます。

年長さんで、たまたまその日がお当番の男子女子は
誕生仏なるお釈迦さまに柄杓で甘茶をかけるお役にあずかります。

確率の低さ故に、かけるお役になれなくて
すごーく羨ましかった記憶があります。

いろんな花で美しく飾られた花御堂の中に
右手は天を左手は地を指さす可愛らしい姿に

甘茶なるめずらしい美味しそうな液体を柄杓でおごそかにかける…

いいなー

小さな手を合わせて見守る園児たちは
みな同じような思いでいたに違いありません。

私もかけたかったなー

いまだにこんな風に覚えているくらいなので
よほどやりたかったのでしょうね。

キリストさまのお誕生日はクリスマスとして
かなり信仰とは関係なく一般的なイベントとして定着してますよね。

花まつりもそういうレベルで定着したらいいのにね。

花まつりならではの美味しいもの?があればもっと生活の中に浸透するのではなーんて考えてます。


現代仏教美術展が例年どおり

京都 岡崎公園内のみやこめっせに置いて明日から始まります。


松久門下の仏師たちの仏像をはじめ、仏教美術に携わる工芸師の先生がたの力作がご覧になれる珍しい展覧会となっています。


たとえば仏像の入られる厨子は、

木地師、塗師、箔押師、金具師など複数の工芸師による総合的な工芸作品となります。


金工師による仏舎利塔や香炉であったり


刀鍛冶による刀剣など


真やさんは、香合などの截金彩作品の出品と

由谷仏師の毘沙門天の截金彩を担当しました。


私は仏画の聖観音像を出品しています。


紹介すると長ーくなるので下記HPからご覧ください。


入れ替わり立ち替わり制作された作家や工芸師の方がたもおられるので

専門的なお話も聞けたりして面白いのでは

ないでしょうか。


真やさんと私もたまに顔を出してますので

ぜひともお声掛けくださいませ。


震災のチャリティーのコーナーもあって、早いうちなら、ステキなのがお安く手に入るかもしれませんよ。


今年の岡崎の桜は終わってしまいましたが

新緑のキモチよい季節になってきました。


散策の途中にお立ち寄りくださいませ!


会場と出品作品こちらから


最後に、松久宗琳仏所からご案内はがきをお出しするはずが、手違いにより一枚もお出ししてなかったのでしたー。

大変申し訳ございませんっ!


おまけに仏所のHPも作り直してる最中でして

お知らせ出来てない状態ですぅ。

重ねて、重ねてお詫び申し上げます‼









截金彩師である真やさんと一緒に

いろんなアイデアを出しあい

仏教美術をもとにしたモチーフを素材に

皆さまに気軽に喜んで貰えそうなものづくりをしております。

截金彩や仏画などを、雑貨などのデザインや制作に生かし手がける部門 〈京あろり〉をつくりました。

昨秋〈六鳥  香りまもり〉をこの度新たに発売する事が出来、ご好評いただいております。



おかげさまで家庭画報5月号に掲載していただきました。


六鳥とは、浄土いわゆる極楽に住むと言われる鳥たちの事を指します。


美しかったり、声が素晴らしいなど

それぞれに特徴をもった鳥を

真やさんが新たにデザインし


活版印刷ならではのこだわりと風合いに


さらに金彩の手描きを加え


山田松香木店ならではの〈匂い香〉をそえました。


香しいかおりとともに

美しくも可愛いらしい鳥たちを楽しんでいただけたらと願っております。







Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

ブログ記事でご紹介した各地の位置を地図から総覧いただけます。ぜひ旅先でお立ち寄りください↓

これまでの記事をまとめてご紹介
『かゆう雑記帳』↓

Selected Entry

Archive

Comment

Link

ブログ記事をお読みになられた後に両バナーをクリックしていただければ励みになります↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

Search