榧の木で小品のシリーズです。

前回の観音さまに続いて今度も飛鳥風?の救世観音の木取りですが、機械を使えるのもここまでです。

救世観音というと法隆寺の夢殿の秘仏であったものですが、現在では御開帳の機会に拝する事が出来るようになりました。

渡来系の顔立ちと、特徴のあるひれのような衣のカタチはとても魅力的ですね。

ホンモノは聖徳太子と等身と言われるように、すらっとした長身の仏さまですが、これからつくるのは身長でいえば八寸ほどのかわいいサイズ。

いろんなところを省略したりして、イメージをいただこうと思ってます。

果たして上手くいくのでしょうか?

スケッチの段階ではいいカンジなんだけどなぁ。


ぐるぐる巻きです。

阿弥陀さまの仕上げを続行中です。

桧の仕上げはなかなか大変で手間のかかるものですが、綺麗になると気持ちのいいものですね。

この阿弥陀さまの桧は、とても柔らかいぶん とてもデリケートになんです。

自分の爪も当たると跡がつくので、白い手袋をつけるのはもちろんのこと柔らかい布で巻いて思わぬ傷みが付かないように大切に扱ってます。

おかげで汚れも防いで綺麗に仕上がります。

彫刻刀も薄刃に研いで滑るように目に沿って削っていきます。

削った木っ端も随分細かくなってきましたよ。

ペーパーを当ててるとの誤解がありますが、全て刃物で仕上げるからこそ艶やかな美しさになるんですね。

ちなみに白い手袋は利き手の親指から三指の先をカットしておくといいですね。


何に見えます?

横になってるのをタテに見たらわかるかな。

身長六尺、約180センチくらいの仁王像にチャレンジしています。

秋に向けての作品なので、自分の時間での制作をしているところです。

これをみたら、細い材料でも大きなのがつくれるのがわかりますね。

レゴブロックで作ったみたいで面白い!

もちろんここから角をとって仁王さまになっていくんですが、いろいろと彼なりに工夫して楽しそうです。


彼は靖朋(せいほう)といって私の甥っ子です。

私の作品ではありませんがちょくちょくお知らせしていきますね!




Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

ブログ記事でご紹介した各地の位置を地図から総覧いただけます。ぜひ旅先でお立ち寄りください↓

これまでの記事をまとめてご紹介
『かゆう雑記帳』↓

Selected Entry

Archive

Comment

Link

ブログ記事をお読みになられた後に両バナーをクリックしていただければ励みになります↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

Search