偶然ですが、かねがねご依頼のあったお寺へ続けざまに行っていました。


片や京都 西京区の葉室山浄住寺


そして片や東京 江東区の龍徳山雲光院


全く場所も宗派も違う二つの寺ですが、不思議な接点があるように思いました。


浄住寺の縁起は平安時代9世紀に円仁(慈覚大師)の創建で常住寺と号していましたが、13世紀に公卿 葉室家の菩提寺として浄住寺と改められ今に至ります。


江戸時代初期に葉室頼孝が黄檗宗萬福寺の創建に力を尽くした鉄牛禅師に帰依した事により黄檗宗の寺となり浄住寺を再興します。


雲光院については、徳川家康の側室阿茶の局の菩提寺で出家した折の号 雲光院がそのまま寺の号とされ浄土宗のお寺として親しまれています。


全く別々のお寺としてお付き合いをさせて頂いておりましたが  浄住寺の少し変わったお姿の仏さまの事を調べた事がきっかけで

御水尾天皇をキーパーソンに、同じ時代に京の都で活躍した方々が浮かび上がってきたのです。


阿茶の局は徳川家康の側室ではあるものの正室を亡くした家康に取り分け寵愛にされ

才色を兼ね備えたうえ、武術にも優れ戦場にも参じ、秀忠の母がわりとなって徳川家に尽くした女性でした。


秀忠の五女和子が京の御水尾天皇のもとに入内される時も付き添い若い和子のために

朝廷と徳川家とをとり結んだのは他ならない阿茶の局の才覚があってこそと考えられます。


御水尾天皇は仏教の信仰篤く晩年にかけては明より来日した隠元禅師とも、親交を持たれました。

御水尾天皇の念持仏は隠元禅師が明から請来し、献じた釈迦牟尼像でした。


この仏像のお姿は浄住寺の本尊釈迦牟尼とよく似ており、異国の様式を取り入れた作風に、江戸時代らしい台座光背に安置させた独特の本尊さまです。


阿茶の局→徳川和子→御水尾天皇→隠元禅師→鉄牛禅師→葉室頼隆


二つのお寺のあいだに歴史に残るお名前のつらなりを目の当たりにした時、たった2日の間に私は400年前を旅した不思議な気持ちがしました。


雲光院 ここから


浄住寺 ここから


白衣観音    その名の通り白い衣を纏った観音さまです。


水墨画などで衣装をすべて白く表現してる例が一般的ですが

頭部にかかる白衣や大衣を透けた感じに、

裙には彩りと柄をそえて私なりに工夫してみました。






昨年完成しました。


密教において、金剛界大日如来と並んで中心をなす仏さまです。


あたりまえに難しいです。


厳しく気高い存在でありながら、母の胎内を連想させる胎蔵界という言葉の響きに慈愛を感じ、現すことができればと思いました。


木曽ひのきの木地に截金彩色を真やが施しています。


いつもながら、過不足のない優しい仕上がりです。


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

ブログ記事でご紹介した各地の位置を地図から総覧いただけます。ぜひ旅先でお立ち寄りください↓

これまでの記事をまとめてご紹介
『かゆう雑記帳』↓

Selected Entry

Archive

Comment

Link

ブログ記事をお読みになられた後に両バナーをクリックしていただければ励みになります↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

Search