カタチになってきました。

正中線と一寸ごとの平行線を常に意識しながら進めてきました。

描いた図面をたよりに少しずつ詰めてくるのは、面白いところです。

ぼんやりした外形から確実に余分なところを取り払っていく。

時期をみて、天衣と身体の空間をあけるとますますハッキリしてきます。

おおー姿がみえました!

身体のまるみや腕のまるみもわかりやすくなりますね。

となると、どんどん進めていく事ができます。

こうなると、やらずにはおれなくなって
今度は取りすぎに注意しなくては!

足もとは蓮台から掘り出すタイプなので、足をつくるのが遅れがちです。

蓮台の面が木口面になるのでやりにくいのよね。

そうそう、髷のところが手付かずでした!


蔵王堂です。

東大寺の次に大きいお堂…日本で2番目に大きい木造のお堂だそうです。

蔵王権現さまがおられます。

こんな大きなお像をどうやって入れたのだろうか?と思うくらい大きな蔵王さまがおられます。

それも3体も!

山嶽仏教の修験道のご本尊としておまつりされています。

今回は御開帳でなかったので蔵王さまとはお会い出来なかったのは残念でした。

この吉野は桜で有名なのと、南北朝時代の南朝の地としてもご存知の方は多いと思います。

でも、それよりももっと古く7世紀後半に役行者(えんのぎょうじゃ)がこの地で蔵王権現さまを感得され、みずから刻まれたとあります。

霧の中に蔵王堂がうかがえ
近づくにつれて次第に浮かびあがって
威風堂々と聳え立つ蔵王堂。
なんだか勇ましくてカッコいい?といったらヘンでしょうか。

そう言えば時折見かける修験道の行者さんたちも独特のカッコよさがありますよね。

行者さんーストイックーカッコいい、ということかな?

堂内では役行者もおられるのと、ほかの蔵王権現さまをはじめいろいろ仏さまがおられます。

じつは向かって右手奥になかなかオトコ前な蔵王権現さまがおられるのですよ。


あら彫りです。
鑿とゴム槌でおおまかに取っていきます。

小さいので、粘度の原型も無しで図面でのみ彫り進めています。

榧の木は初めてですが、キメの細かい良い木なので彫りごこち?もなかなかGOODです。

彫刻しながら、少し黄色みのつよい美しい木肌に惹かれます。
香りも独特ですよ。

この木にちょっとハマってしまいそうです。


小さくても固定した方がやりやすいので、小さめのクランプを使います。

有ると便利な道具です。

昔だと床に座り込んでのスタイルなので、
タタキ台で足で押さえて鑿と槌をふる姿をよく見ましたが、机と椅子だとクランプなど固定する道具を使うのがおススメです。

クランプとも、しゃこマンともよびます。

小さいものから大きいのまでいろいろ使いわけています。



Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

ブログ記事でご紹介した各地の位置を地図から総覧いただけます。ぜひ旅先でお立ち寄りください↓

これまでの記事をまとめてご紹介
『かゆう雑記帳』↓

Selected Entry

Archive

Comment

Link

ブログ記事をお読みになられた後に両バナーをクリックしていただければ励みになります↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

Search