展覧会のバタバタと後片付けやなんやかんやがひと段落したところで、手付かずのお仕事などを含め引き続きのお仕事と向き合っております。

巷では紅葉の見ごろのハナシも聞かれますね。
そういえば春の花見は出かけるもののモミジ狩りはあまり行かへんなーと思いつつ図面など描いたりしております。

当たり前ですが、図面はカタチが生まれるまでの最初の出発点にあたります。

2次元であれ3次元であれ、紙と鉛筆から始まる完成までの一連の流れの最初の一歩。

そうそう。
図面など、私たちはセンチではなく昔ながらの寸(すん)の単位を使っています。

一寸=3.03くらいですかね。
一尺は十寸ですね、

お身丈(みたけ)一尺というと、額の生え際から足の裏までをさします。

座の一尺ならば、座ってる仏さまが立たれた時に生え際が二尺の大きさを指すわけですね。

未だに尺という単位を使っているのは時代遅れでも何でもなくて、単に使いやすいからなんです。






搬入と搬出の日を入れての全4日間、無事に終了する事が出来ました。

終わってみればあっという間でしたが  
毎日お越しいただいた方々とお話しできて、充実した時間を過ごせたことが何よりの収穫でした。

会期中は、持ち寄った方々の作品をゆっくり拝見したり制作の苦労話などなど、作者ならではのハナシに花が咲いたのでは。

大黒氏ならではのダイナミックでありながら繊細な生け花の数々と仏さまとが見事に調和して本当にお願いしてよかったと確信しました。

お天気にも恵まれて、遠方からもたくさん方々にお越しいただきました。

毎年ながら、仏所のスタッフをはじめ多くの方の尽力があっての仏教美術展です。

こうして開催出来たこと、無事に終われたことに感謝申し上げます!

皆さま、ありがとうこざいました!



いよいよ始まりました。

昨日の搬入も無事終わりました。

あちこち遠方から集まってこられ予定通り会場が整った事は、皆さんのご尽力の賜物と感謝、感謝です。

お花の大黒氏も野山の秋の彩りを会場のあちこちに生けていただきました。

今日から3日間たくさんの方々にご来場いただいて出品者共々楽しんでいただければ幸いです。

京都文化博物館の5階を仏像彫刻。

6階を仏画と分けて展示しています。

本格的な仏師とアマチュアの方々による仏像や仏画が一同に集まる展覧会となっています。


ぜひ、ご高覧くださいませ!


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

ブログ記事でご紹介した各地の位置を地図から総覧いただけます。ぜひ旅先でお立ち寄りください↓

これまでの記事をまとめてご紹介
『かゆう雑記帳』↓

Selected Entry

Archive

Comment

Link

ブログ記事をお読みになられた後に両バナーをクリックしていただければ励みになります↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

Search